イラストレーションファイル2019

『イラストレーションファイル2019』(玄光社)に掲載して頂いてます。
また、イラストレーションファイルweb版でも作品をご覧頂けます。
https://i.fileweb.jp/yamamotoamane/

どうぞ宜しくお願いいたします!


ファイル2019

カテゴリー: diary, works | イラストレーションファイル2019 はコメントを受け付けていません。

個展「stroll」ありがとうございました

レジ横入り口横机

 

個展『stroll -四方八方歩き廻る 読み 書き 作り 思考する-』無事最終日を終えました。

今回の展示を通して、自分の日常は好きな本や読書によって生まれた考えに、こんなにも支えられていたんだと改めて気付きました。本だけではなくて、自分の部屋にある音楽や映画も同じように、好きなものが自分のことを見守ってくれているんだなと思いました。展示を介して誰かとそのことを共有する時間を持てたことが、とても嬉しいです。
これは単に展示をすれば得られるという感覚ではないと思うので、まず誰よりも協力してくださったAmleteronのアマヤさんに感謝です。それから見てくださって、気にかけてくださった方々のおかげで展示の空間が出来上がっていったのだなと、しみじみ感じています。本当にありがとうございました。またこんな体験ができるように、こつこつとやっていきます。

カテゴリー: book, diary | 個展「stroll」ありがとうございました はコメントを受け付けていません。

stroll -四方八方歩き廻る 読み 書き 作り 思考する-

3月9日より個展「stroll -四方八方歩き廻る 読み 書き 作り 思考する-」始まります。

2016年の夏から、憑かれたように本を読んではコラージュを作っていました。誰に見せるわけでもなく展示の予定もありませんでしたが、数が増えていくコラージュと読書日記を集めて本を作れないだろうかとぼんやり考えていました。そんなとき、アムレテロンの店主であるアマヤさんから個展のお誘いを頂きました。それがなかったら、ひとり黙々と作っていたコラージュ作品が一堂に並び誰かに見てもらえる機会もなく、開かれなかった本のように、部屋の隅で積み重なっているままだったかもしれません。

いざ誰かに見てもらえると思うと、沢山の欲が湧いてきました。作った本を、どうしても届けたい相手も自ずと出てきます。完成した本は薄い冊子のような物ですが、最愛の作家や翻訳家、本を作り届けてくれる人達、読書の楽しみを教えてくれた母親、また本そのものへの思いの丈を込めた長い手紙のようになりました。

展示を見てくださった方が其々に、作品の背景にある本の世界と繋がりを感じて頂けたら本望です。本を読んだときの事を思い起こしたり、読んだことがあるかのように錯覚したり、これは読んでみたいなどと思って頂けたらと願っています。

開催期間:2019年3月9日(土)〜3月24日(日)
*店休日:13日、14日、19日、20日
時間:13:30〜19:30

読書と手紙にまつわるお店 アムレテロン⇨http://amleteron.blogspot.com
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-18-10 ※JR高円寺北口から約5分
IMG_8432IMG_8431IMG_8430IMG_8468IMG_8429

カテゴリー: book, diary, works | stroll -四方八方歩き廻る 読み 書き 作り 思考する- はコメントを受け付けていません。

個展のお知らせ

DM表面
stroll  -  四方八方歩き廻る 読み 書き 作り 思考する  –

スティーヴン・ミルハウザー、ウィリアム・トレヴァー、カーソン・マッカラーズ……
海外文学をテーマにしたコラージュ作品と、読書にまつわる日記を集め本を作りました。完成記念として、高円寺のアムレテロンにて作品と本の展示販売を行います。
多くの方々にご覧頂けますように。

開催期間:2019年3月9日(土)〜3月24日(日)  *店休日:13日、14日、19日、20日
時間:13:30〜19:30

読書と手紙にまつわるお店 アムレテロン⇨http://amleteron.blogspot.com
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-18-10 ※JR高円寺北口から約5分

 

 

カテゴリー: book, diary | 個展のお知らせ はコメントを受け付けていません。

【works】息を殺して

IMG_8212IMG_8213

 

五十嵐耕平さんの監督作品『息を殺して』がDVDになりました!
ジャケットデザインを担当しています。観るたび思い入れの増す映画です。
ぜひお手元に!
発売日は1月9日です。『泳ぎすぎた夜』BD & DVDも同時発売。
詳細は、ハピネットピクチャーズのサイトをご覧ください。
http://www.happinet-p.com/jp3/releases/hpbr-311

カテゴリー: diary, movie | 【works】息を殺して はコメントを受け付けていません。

【works】春

haru

大森歩監督の短編映画『春』が12月9日13:45〜より渋谷TANPEN映画祭@渋谷ユーロライブにて上映されます。(舞台挨拶あり・無料)

私は本編に登場する絵とデザインで参加しています。

※チラシデザインは目時綾子さん

AOI Pro.でCMの企画・演出をしている大森歩さんの初めての映画であり、高校時代からの付き合いでこれまで一緒に沢山映画を観てきた友人でもあるので感慨深いです。劇場でご覧頂ける機会にぜひ!

短編映画「春」
監督・脚本:大森歩
出演:古川琴音 、花王おさむ、加藤才紀子
✳︎京都国際映画祭 グランプリ受賞

予告編▶https://www.youtube.com/watch?time_continue=53&v=x6j6XIBANKY

カテゴリー: movie, works | 【works】春 はコメントを受け付けていません。

展示のお知らせ

IMG_7782

11月13日から始まる展示に参加いたします。
是非ご高覧ください!

「吟遊詩人」
▽出展者▽
宇野亞喜良 たなか鮎子 野村直子 山本アマネ 山本じん

▽開催期間▽
2018年11月13日(火)〜11月25日(日) *月曜休廊
時間:12時〜19時 (最終日16:00まで)

▽開催場所▽
GALERIE Malle
HP:https://galeriemalle.jp/
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階

~吟遊詩人~
中世ヨーロッパ。
各地で見聞きした人々の様子など自作の詩と曲で宮廷や貴族の館など巡り披露。
自由な表現活動をしている五人の作家の織り成す吟遊詩人の世界をお楽しみください。
(GALERIE Malle、HPより)

カテゴリー: diary | 展示のお知らせ はコメントを受け付けていません。

【works】愛の力学

ガレルチラシsns

フィリップ・ガレル最新作『つかのまの愛人』公開記念
「愛の力学 “彼と彼女と彼” あるいは “彼女と彼と彼女”」(2018/8/18~8/31)

特集のメインビジュアルをデザインしました。
ガレルの新作に併せて是非お越しください!

上映作品など詳細はシネマヴェーラ渋谷HPをご覧ください。
http://www.cinemavera.com/preview.php?no=210

 

カテゴリー: movie, works | 【works】愛の力学 はコメントを受け付けていません。

【works】現代詩手帖

 

IMG_7111sns1

 

 

 

 

「現代詩手帖」(思潮社)今月号から12月号までカットを担当いたします。

7月号特集<ヨネ・ノグチ seen and unseen>
http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/

作品選 ヨネ・ノグチ日英作品選 中地幸、羽田美也子、星野文子編
論考
亀井俊介、宇沢美子、羽田美也子、堀まどか、星野文子、
伯谷嘉信(中地幸訳)、エドワード・マークス(大西直樹訳)

対話 瀬尾育生+矢野静明

長篇詩 片岡義男  より良いことを選択しながら

作品
八木忠栄、荒巻義雄、林美脉子、たかとう匡子、山口眞理子、伊武トーマ

連載詩
高橋睦郎、清水哲男、目黒裕佳子
ジェフリー・アングルス+カニエ・ナハ+大崎清夏

連載
伊勢功治 北方の詩人 高島高
佐藤雄一 2000年代詩とはなにか?

十田撓子 詩を生きる地[鹿角]
新井卓 陽の光あるうちに
月永理絵 映画試写室から

外山一機 俳句の静脈

月評
峯澤典子 詩書月評
紺野とも 詩誌月評

Book
栩木伸明 西成彦『外地巡礼』
中村寛 木村哲也『来者の群像』
岩崎迪子 細田傳造『かまきりすいこまれた』『アジュモニの家』
山﨑修平 江田浩司『岡井隆考』
李恵梨 近藤洋太『SSS』

新人選評
松下育男、須永紀子

新人作品 7月の作品

お手にとって頂けると嬉しいです。

カテゴリー: book, works | 【works】現代詩手帖 はコメントを受け付けていません。

【works】すこやかファミリー

家族の健康づくり情報誌「すこやかファミリー」にて、玉川真里さんが連載されているエッセイの挿絵を担当しています。
日常生活の手助けになる記事が沢山掲載されています。ぜひご覧ください。

sukoyaka

カテゴリー: diary, works | 【works】すこやかファミリー はコメントを受け付けていません。